川畑慶悟|マルケイ川畑蒲鉾店



朝5時すぎから製造が始まるーー。
魚のすり身を機械に投入し、温度の管理をしながらかまぼこの原料を混ぜあわせる。
この工程が一番大事で、温度が上がりすぎたり混ぜすぎたりすると、1日の作業が台無しになるという。
一番大事なこの作業は、三代目社長の川畑宜久さんの仕事だ。
四代目の川畑慶悟さんは、社長のそばで行程を見守り、アシスタントをする。
かまぼこの‘もと’ができあがると、今日は『うず巻』の製造だ。
波を打った金の板に、専用のへらで、すり身を塗って広げていく。
この製法でつくる蒲鉾店は全国でも少なく、串間では「マルケイ川畑蒲鉾店」だけなのだそう。
まさに職人技。
鮮やかな手つきで仕上げていく。
こうして『うず巻』の皮の部分が完成するのだ。

データ

マルケイ川畑蒲鉾店
住所:串間市大字西方15061
TEL:0987-72-5359
FAX:0987-72-5362

関連リンク

【ふるさとチョイス】マルケイ川畑蒲鉾店

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。